少子高齢化が進み、日本では医療・介護事業のニーズがさらに高まってきています。

医療・介護事業では、業界の特性上法的なトラブルが起こりやすいです。

利用者と身近に接する職種であるからこそ、クレームや、暴言暴力といったカスタマーハラスメント(カスハラ)が横行しやすいといえます。また、行政からの監督指導が入りやすい職種ですので、書面等の適切な整備が求められます。

また、労働にまつわるトラブルはとても起こりやすいです。少子高齢化により生産年齢人口(15歳以上65歳未満の人口)が減少しているなか、医療・介護事業ではニーズが増加していることもあり、従事する労働者が増加傾向にあります。そのなかで、労働者の権利意識の高まりもあり、残業代請求や、ハラスメントのご相談が増加してきている印象を受けます。

医療・介護事業においては、人員基準等が定められ、深刻な人手不足の中で事業を維持するために人手を確保することが必要です。弊所ではリーガルの観点から、利用者や行政の対応、労働トラブルや人手不足問題といった課題をサポートいたします。初回相談料は無料ですので、何かお困りのことがありましたらまずはお気軽にご相談ください。

 

介護事業の関連記事はこちら

介護業界におけるカスハラの実態